ラオス カティモール ハニー/ラオス産コーヒー豆 |広島 珈琲(コーヒー) 生豆 販売

令和2年に皆様にモニターとしてご協力いただラオスコーヒーが定番商品となりました。

試飲いただいた4種(ティピカ・カティモール2種・ロブスタ)のラオス4種の中で1位の【カティモール ハニー】です。

ラオスコーヒーをお楽しみください♬

GPLAO JAPAN HPより

≪ラオスとは≫

ラオス(ສາທາລະນະລັດ ປະຊາທິປະໄຕ ປະຊາຊົນລາວ)とは、中国、ベトナム、タイ、ミャンマー、カンボジアに囲まれた内陸国です。ラオスを貫いて流れているメコン川流域は降雨量に恵まれ、パクセー市郊外のボラぺン高原は上質なコーヒーの産地として有名であり、ラオス最大の輸出農作物を有します。

人口は、約700万人。そのうちのおおよそ70%が農家です。
多くの農家の人達は、貧困農民と言われ、首都で働く人の平均月収が、農民にとっての年収に相当しているのが現状です。

貧困農民である多くの人達は、農薬を購入するお金がない為、無農薬栽培はもちろん、今話題の『オーガニック(※)』に準ずる自然農法が主流となります。

 

≪ラオスコーヒーの特徴≫

南部にあるパクソン市ボラベン高原は、良好な火山灰土壌と冷涼な気候、日中夜の寒暖差が大きく、コーヒー栽培に適しています。 現在のラオスは、コーヒー豆の産地として知られていませんが、自然の豊かさを最大限に取り入れて、農薬、化学肥料等一切 使用しない自然農法で丁寧に栽培しております。 今後ラオス産のコーヒーは、自然で素朴な味わいと、フルーティーで自然な香りが注目され、世界から評価を受ける日はそれほど 遠くないと言われています。

 

≪カティモール種の特徴≫

カティモール コーヒー豆は、カトゥーラ種とハイブリド・デ・ティモール種を交配したカティモール種となります。
他のアラビカ種に比べて香味が弱いと思われている カティモールですが、ラオス産の カティモールは香り高く独特の深味も
ある為このコーヒーを飲まれたら多くの方が驚かれるかもしれません。
この カティモール プロセスは、ハニーとなります。(ウォッシュドも取り扱っています)
ハニーは薄皮の熟成により甘味の風味が強く感じられます。

 

産地 / 生産者
チャンパサック県 パクソン市 / JHAI COFFEE 生産者協同組合(JCFC)
標高 1,000m 以上
品種 カティモール(カトゥーラ種とハイブリド・デ・ティモール種を交配)
規格 GRADE-1.2
精製 / 乾燥 ハニー / 天日干し

 

単価 : 430円(100g)

 

*取り扱っているラオスコーヒーは他に、【ティピカ ウォッシュド】【カティモール ウォッシュド】があります。

 

【申し込み・お問合せ】

おうち時間・おうちカフェを楽しむ

広島市西区の

家庭焙煎教室と生豆・焙煎豆販売のお店「caffe fresco Nagi」カフェ フレスコ ナギ

080-6318-3690

✉kateibaisen.nagi@gmail.com   

FB  広島の家庭焙煎教室 caffe fresco Nagi

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文